• 将来的に公認会計士として働くということを視野に入れている人たちへ
  • このサイトでは将来的に公認会計士として働くということを視野に入れている人にとってお役に立つような情報をたくさん集めていきたいと思います。
  • 公認会計士の就職先はどういった選択肢がありますか?就職後はどんな活躍の場があるのか?

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    公認会計士の就職先はどういった選択肢がありますか?就職後はどんな活躍の場があるのか?

    公認会計士はどんなところで働いているのか、どんな仕事をしているのか詳しく知らない人も多いでしょう。試験合格後のルートは大まかに、1.監査法人2.一般企業3.独立開業の3パターンがあります。それぞれ詳しく確認してみてください。

    ・代表的な就職先は監査法人
    監査は公認会計士だけが独占して行える業務です。多くの試験合格者はまずは監査法人に就職し経験を積んでいます。監査とは大企業が作成する帳簿に誤りがないのか調べる仕事です。

    そのまま組織内で昇進して年収を上げることもできますが、一般企業で高度な会計の知識を活かしたり、独立開業したりすることもできます。

    ・一般企業に対してコンサルティングをしたり、財務に携わったりする
    例えば近年増加しているM&Aを行う際にも会計の知識が必要になります。買収先企業の経営状況が健全か否かを財務諸表から判断する仕事は会計士が行うことが多いようです。

    それ以外にも経理や財務に直接関わり、予算の調整を行うこともあります。さらに会計・監査基準の国際化に企業を適応させる際にも会計士は活躍します。

    ・経験を積んで開業する
    監査法人や一般企業で経験を積んだ後に独立開業する人もいます。会計士としてのあらゆる業務をこなさねばならないため、試験合格後いきなり開業するのは稀です。税理士業務や行政書士業務も並行して行うケースもあるようです。

    ・いろんなキャリアパスがあります
    公認会計士になるための要件を満たすために、ほとんどの試験合格者はまず監査法人に就職します。その後は監査法人の中で昇進を目指す、一般企業で活躍する、独立開業するといった多様なルートがあります。仕事をする中で自分がどんな仕事をしたいのかを明らかにし、専門性をさらに高められるようなルートを選ぶとよいでしょう。