公認会計士は国家試験の中でもかなりの難易度の試験です。合格までの期間は2~4年で、3,000時間以上は勉強せねばなりません。受験を考えている方は、以下で詳しく確認してみてください。

・公認会計士試験はかなりの難易度
合格まで早くて2年、その後も実務経験を積んだり補習を受けたりと、登録するだけでも5年くらいかかる資格です。受験者は医師や弁護士と並ぶほどの勉強量を覚悟した方がいいでしょう。

ただし受験資格はありませんので、本人の努力次第では現状に関係なく誰でも合格を狙えます。近年受験制度の見直しがあったこともあり、難易度が少し下がりました。

・合格までの勉強時間は3,000~5,000時間
広範囲な出題範囲を理解して合格点を叩き出すには一般的に3,000~5,000時間の勉強が必要だといわれています。専門学校や資格学校、大学などに通ってまとまった勉強時間を確保して試験に挑む学生が多いようです。短期間で必要な勉強時間を満たすには、1日辺り10時間勉強しても1、2年かかるため、学生の方が挑戦しやすい資格になっています。

勉強の仕方と自己管理能力によっては独学で合格する人もいます。試験に通過した後もさらに勉強漬けの日々が待っていますので、会計の勉強が苦になる人は残念ながら向いていないのかもしれません。もし不安なのであれば、簿記の資格を取ることから始めてみて手応えを確かめるのもいいでしょう。

・続けられるかどうかが大事です
公認会計士は合格すれば、収入・ステータス面でかなりの見返りがあります。しかし相応の難易度や勉強時間を覚悟しなければなりません。受験を考えている方は、本当に会計の勉強が好きなのか、合格した後も努力し続けられるのかを今一度自分に問いかけてみてはいかがでしょうか。