公認会計士試験を独学で受けるか専門学校に通って勉強するか迷っている人も多いでしょう。以下では双方のメリットを確認できますので、参考にしてみてください。

・独学は初期投資が少なく始めやすい
独学で試験に挑むメリットは、かかるお金が少ないため気軽に始められることです。市販の書籍を購入して勉強するだけなので、もし合わないなと感じたときにやめても時間的・金銭的損失が少なくなります。専門性が高いため、素人が理解しにくいような概念や用語がよく出てきます。

そうなったときにどう対応するのかは事前に想定しておきましょう。自分で最適な計画を立てられて、必要な教材を全て揃え合格できるだけの知識を身につけられる人は独学でも問題ないでしょう。

・専門学校で勉強すると時間の短縮につながる
一方専門学校に通った場合、授業料や教材費がかかりますから金銭的負担は大きくなります。ただし相手はプロですから、経験から導き出した最適なスケジュールを組んでくれます。わからないことがあったときに質問できる環境があるのも大きなメリットでしょう。

大金を払ってしまったから途中でやめるのにも抵抗感がめばえます。また、励ましあえる勉強仲間もできます。挫折しにくい環境に身を置きたいのであれば、専門学校に通うことを検討してみるといいでしょう。

・自分一人で全部できるなら独学でもOK
独学には金銭的負担が少なく、勉強を始めやすいメリットがあります。一方専門学校での学習には、スケジュールを立ててもらえる、わからないことを質問できる、励ましあえる仲間ができる、といったメリットがあります。挫折しないで継続できるかどうかによって、授業料が高いと感じることも安いと感じることもあるでしょう。

自分の目的を達成できるような手段を選んでみてください。