• 将来的に公認会計士として働くということを視野に入れている人たちへ
  • このサイトでは将来的に公認会計士として働くということを視野に入れている人にとってお役に立つような情報をたくさん集めていきたいと思います。
  • 公認会計士

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    公認会計士の難易度と専門学校に通うメリット、主な就職先について

    公認会計士試験は難易度が高いため、多くの人が専門学校に通い合格を目指しています。合格後は監査法人や一般企業で働き出世を目指す人、独立開業を目指す人がいるようです。税務のスペシャリストの税理士とは違い、大企業が作成した財務諸表を精査する監査の仕事を独占して行っています。

    公認会計士の難易度と専門学校に通うメリット、主な就職先について

    ・合格に必要な勉強時間と試験の難易度について
    公認会計士は医師や弁護士に次ぐ難関の国家試験です。合格までに必要な勉強時間は3,000~5,000時間以上と言われており、勉強漬けの日々を2~4年過ごすことになります。まとまった勉強時間を確保し短期間で合格を目指す人が多く、大学生や無職の受験者が目立つようです。

    規準→公認会計士の専門学校・予備校CPAで公認会計士試験に合格!実績・合格率で選ぶなら東京CPA会計学院! https://cpa-net.jp/

    しかし受験に必要な資格はありませんから、社会人や畑違いの仕事をしている人でも挑戦できるチャンスはあります。

    ・独学て繧剳ラ強するメリットと専門学校に通うメリット
    資格試験を受ける際に独学か学校へ通うか迷う人は多いでしょう。独学を選んだ場合初期費用が安く手軽に勉強を開始できます。 一方専門学校に通うと時間や手間の無駄を削減できます。プロの教師陣がスケジュールを立ててくれたり、厳選された教材が手に入ったり、わからないことを質問できたりと十分価格に見合ったメリットがあります。

    受験仲間ができるため、つらい時も励ましあえるでしょう。挫折しにくい環境で勉強できる恩恵は計り知れません。資格の難易度が低い場合は独学で済ませても問題なくクリアできるでしょう。しかし、難関試験の場合は勉強が難しかったり、一人で合格するには相当な情報収集力と自制心がいることから、ほとんどの人が専門学校に通っているそうです。

    ・公認会計士の就職先や活躍の場について
    試験合格者はたいてい最初に監査法人に就職します。これは公認会計士になる要件の、2年間の業務補助を満たすためです。登録後は監査法人に残り昇進を目指す人もいますし、一般企業で会計の知識を活かして活躍する人もいます。業務経験を積んだ人は独立開業の道が見えてきます。

    幅広い会計業務をこなせるのが最低条件ですが、うまくいけば収入は青天井です。個人のビジョンや適性によって、多様なキャリアパスが存在します。

    ・公認会計士と税理士の違いについて
    公認会計士と税理士の明確な違いがわからない人も多いでしょう。公認会計士は監査・会計のスペシャリストで、大企業が作成した財務諸表等の数字が間違っていないかを確認します。税理士は税務のスペシャリストで、個人や法人の納税に関わる手続きをサポートします。

    専門分野と顧客層がかなり違いますから、受験を考えている人は自分が将来やりたいことと照らしあらせてどちらにするか決めるといいでしょう。公認会計士に合格すれば税理士にも登録できますから、税理士を目指す人の中には最初から公認会計士試験を受けると決める人もいるようです。

    ・多くの受験者が専門学校に通い、合格後は監査法人に就職します
    公認会計士試験合格には3,000時間以上の勉強が必要です。内容が専門的で受験期間が長期にわたることもあり、多くの受験者が専門学校のサポートを受けたいと考えています。試験合格後は多くの場合監査法人に就職し、登録に必要な要件を満たすため2年間の業務補助に従事します。

    その後は組織内にとどまり昇進を目指す人もいれば、一般企業に移ったり、独立開業したりする人もいます。税理士として登録し、税務を仕事にすれば中小企業や個人相手に仕事ができるようになります。